住むならやっぱり駅近物件? おさえておきたいポイント

駅近物件をおすすめしたいポイント

賃貸物件を探すとき、駅から近い物件ほど人気が高い傾向にあります。人気を集める最大のポイントは、通勤・通学のしやすさにあるようです。最寄り駅まで徒歩数分で行ける場所に自宅があれば、駅から遠い物件よりも時間をだいぶ節約できます。時間だけではなく、バスの運賃なども節約になるため、長期的に見ると大きなメリットになるといえそうです。また、一般的には駅の近くにスーパーや病院などが出店していることが多いので、商業施設を利用しやすいのも駅近物件のよいところです。駅に近いという立地は、生活全般の利便性を高める効果があります。

駅近物件を選ぶときに注意したいこと

なにかとメリットが多い駅近物件ですが、注意したいところもあります。まず、家賃が高めに設定される傾向にあります。生活の利便性が高いことは物件オーナーも知っていますから、家賃を高めにしても空室になりにくいのです。部屋の設備や築年数と家賃のバランスが適切か、よくチェックしましょう。次にチェックしたいのは、電車などの騒音です。駅に近いほど利便性が高まる反面、電車の走行音やホームのベルなどが聞こえやすくなります。さらに、人や車両の通行量も多いため、時間帯によっては騒がしくなる可能性があります。こうした環境をふまえて、二重ガラスの窓などが用意された物件もありますが、現地を確認して音の状況をチェックしましょう。これらのチェックポイントは物件を見学すれば自分に合うか見極められます。音については、昼と夜の両方で現地を訪れるとよいでしょう。

春は新生活シーズンです。千歳の賃貸物件をお探しならば、早めに不動産に相談することで希望に合った物件を見つけられます。

You May Also Like