これさえ知っておけば安心??店舗デザインに関して覚えておきたいこと

具体的にはどんなことをするのか

店舗デザインとは、単純に家の間取りのようなものを描くだけではありません。壁や床、それから天井や柱の素材や色、店舗の雰囲気や什器といったものまで考えてくれます。

そしてそれらの案がまとまったら、次にデザイン画を描いてくれることもあります。店舗のデザイン事務所によっては、図面を描いてそこに家具などを配置してみる場合あれば、実際に作れるのかを確認をしてもらえます。

勘違いしている人も多いのですが、基本的に店舗デザインの事務所はすでにある建物に何かしらの装飾を施すのが仕事です。そのため一から建物を建てたいのであれば、まずは建設会社にお願いしないといけないのです。

知っておくと便利なこと

初めて店舗デザインを行う際に、漠然としたイメージはあるという人は多いです。ところが、いざ形にしようとするとどうしたら良いのかわからないといったことも珍しくありません。そこでやっておくと良いのが、デザイン事務所が実際に手がけたものを見せてもらうことです。オーナーと同じ職種の店舗が見られるなら参考になります。仮にまったく関係のない業種だったとしても、少なくともそのデザイン事務所はどのような店舗を作れるところなのかがわかります。すると自分の好みや感性に合っているのかを判断する材料にできるので、見せてもらっておく価値はあります。

それから混同してはいけないのが、リフォームとリノベーションです。店舗が劣化してきたので、元の状態に戻したいのなら前者を依頼すれば良いです。もしもきれいにするだけでなく、新たに機能を追加したいなら後者を選びましょう。

内装デザインとは、室内や家具などをデザインすることです。デザインによって、人に与える印象は変わります。

You May Also Like