狭い敷地でも夢のマイホームを!狭小住宅の特徴を学ぼう!

狭小住宅の特徴と需要について

狭小住宅は狭い敷地に建つ住宅を指します。一般的には15坪以下の敷地に建つ住宅が狭小住宅と呼ばれますが、特に都市部に多く見られる傾向があります。その性質上、L字やくの字など変形した敷地に建てられる他、他の建築物に挟まれる位置に建つことが多くなります。床面積が狭い分、生活スペースを確保する目的で縦に長い構造になるのも狭小住宅特の特徴です。急こう配の階段や狭い廊下など、狭小住宅の居住性は決して良くありませんが、地価が高い都市部でもマイホームを持ちたい人には一定数の需要があります。また、住宅を所有することで発生する税金も狭小住宅であれば床面積が狭いことを理由に安く抑えることが出来るのもメリットの一つです。

狭小住宅を建てる際の注意点

狭小住宅の建築方法は一般の住宅と変わりません。日本で普及している木造モルタル造りの住宅と同じ建材を使い、作業手順も殆ど同一です。しかし、狭小住宅の建築は敷地の狭さから特有の問題が発生します。狭小住宅は敷地が狭い分、境界線ぎりぎりまで建てるのが普通です。そのため、作業中の騒音対策や足場の組み立てなどに十分注意する必要があります。また、エアコンの室外機のような設備の置き場所も限られてしまいます。狭小住宅は床面積の狭さから縦に伸びた造りになりやすく、間取りや収納スペースが画一的になるのが欠点です。個性的なマイホームに仕上げたい場合は室内のデザインには特に気を配ることが重要になる他、収納スペースの位置にも工夫を凝らすことが重要になります。

まず狭小住宅で見逃せないのは、何といっても土地代や建築費を安くできること。土地の面積が狭ければ当然ですが、建物を自分の予算に合わせて、オーダーメイドできるのも魅力です。

You May Also Like