見落としがちなポイントはココ!後悔しない賃貸住宅選びの第一歩

まずは家族生活のシミュレーション作業から

多くの方々が賃貸住宅を探す際に最初に着目するのはやはり、家賃や間取り、交通の利便性など、斡旋業者が提供するデータで確認できるポイントでしょう。ですが、家族と暮らす部屋探しの場合、お子さまの成長や転勤の可能性など、家族生活自体の変化が無視できません。中長期的なライフプランを踏まえ、立地条件に着目した選択が求められます。

たとえば入居時点でお子さまがまだ幼い場合、すぐ近くに幼稚園もしくは保育園があれば理想的ですが、小学校が遠く離れているとなれば、通学面の負担やリスクが想定されます。地元の公立小学校ではなく、電車通学が必要となる場合、駅までの距離や希望する進学先への利便性も見過ごせません。

独自に居住環境のリサーチを

育ち盛りのお子さまを持つご家族の場合、お友だちが集うことによる近隣トラブルの可能性もまた、無視してはならないポイントです。集合賃貸住宅の中には、建物内に部外者が出入りすることを嫌う入居者も見られます。こうした居住者の特性を事前に確認するのは難しい作業ですが、斡旋業者の担当者に相談する、現地を自ら確認することで、ある程度雰囲気をつかむことは可能です。ちなみに要着目ポイントとして、自転車置き場や集合ポスト、ベランダ越しに見える洗濯物などがあげられます。

また数年毎の転勤が避けられない職種の場合、その時点で再度家族揃って転出するのか、単身赴任を選択してその部屋に残るのか、それぞれのシミュレーションも大切です。お子さまの成長に合わせて個室の子供部屋を与える場合、家族の人数によって可能となる案が違ってきます。将来的な家族の人数の変化を想定した部屋選びもまた、中長期的な快適賃貸生活のポイントです。

マンションに比べるとアパートはかなり安く借りられますが、その中でも室蘭の賃貸アパートは地価がかなり安いため賃料も激安です。

You May Also Like