一人暮らしでマンションが欲しい!間取りはどうやって選ぶ?

一人暮らしの典型的な間取りとは

一人暮らしをしている人がマンションを手に入れるときによく選ばれているのは1LDKと1Rです。1DKや1Kは賃貸物件では人気がありますが、分譲マンションなどの販売物件ではあまり流通していません。また、マンションを買って住みたいと思っている人の考えとして、1DKや1Kに比べると1LDKや1Rの方が良いという人が多くなっています。その影響で1DKや1Kの物件があまり流通していないのです。それでは、どうして1LDKや1Rが人気なのでしょうか。その選び方の基準とともに理解しておきましょう。

それぞれの人気の理由を知ろう

1LDKが人気な理由は比較的想像しやすいでしょう。広いリビングがあって快適に住める部屋が手に入るという点で、購入するのならこのくらいの部屋が欲しいという理想を抱くのはもっともなことです。リビングの快適さを重視して選んでいる人が多いのがこのケースの特徴です。一人暮らしでも10畳以上のリビングのある部屋を選んでいる人も多く、その希望に応じるように広めの間取りのマンションが増えてきています。

一方、1Rが良いという人も多いのは使い勝手が良いからです。1Rの場合には基本的には扉がトイレやお風呂との境にしかありません。機能性という点を考えると寝室もキッチンもリビングも全部一緒で良いと考えることもできるでしょう。このような合理的な考え方を持っている人は1Rの方が良いと考える傾向があるのです。ただ、せっかく買うのだから広めの方が良いと考えるのが通例で、賃貸物件に比べるとかなり広い部屋が選ばれています。

小牧のマンションは、立地条件的にもとて良く穴場的な場所です。自然もあり、名古屋にもたっぷり1時間以内に行けるのは、魅力的です。

You May Also Like