これが基本中の基本!後悔しない賃貸住宅選びのイロハのイ!

ネット情報だけでは不十分

数え切れないほどに語られている賃貸住宅の選び方ですが、それらの多くには大きな落とし穴が潜んでいます。インターネットが普及して久しい今日、簡単便利な物件探しのメリットばかりがクローズアップされがちです。結果として画面の中の情報だけで、すべてを判断してしまう傾向が否めませんが、ここが問題です。

後悔しない賃貸住宅選びの最大のポイントは、ズバリ斡旋業者の営業担当者が同行してくれる、物件内覧時の正しい確認作業です。斡旋業者と建物管理業者は基本別業者ですから、目についた疑問点や不安点も、遠慮なくストレートに確かめられます。質問に対し、毅然と回答してくれる、あるいは迅速に確認してくれる担当者であれば、賃貸契約締結に際しての不安も払しょくされます。現地内覧は担当者を見極める上でも、厳しい姿勢で臨むべき重要な作業です。

現地では可能な限りの自己確認を

たとえば電気が切れた照明器具に蜘蛛の巣が付着していれば、長期間放置状態に違いなく、管理業者がまともな居住者対応をしていない、何よりの証拠です。ごみ集積場を見れば、入居者のルールやマナーに対する意識がある程度推察できます。建物内に吸い殻などが落ちているなど論外でしょう。集合ポストのチラシの堆積具合や駐輪場の自転車などからも、入居者を推察できます。

また室内の内覧に際しては、廊下や階段の靴音や話し声がどの程度響いてくるのか、営業担当者に協力してもらってチェックしておきましょう。建物の構造上、見た目に反して予想以上に振動や音が筒抜けの物件も見られます。このようにネットが伝えない本当の姿を、自身の目で確かめることが、後悔しない物件選びの要です。

北見の賃貸物件は用途や築年数を問わず、全体的に家賃が高めです。これは賃貸物件の需要が高い一方で近隣に大きな都市が無く、家賃の価格競争をする必要性が低いのが理由になっています。

You May Also Like